福岡の工務店で素晴らしい家づくりを達成するための指南!

福岡で理想の注文住宅を建てる!工務店ランキング
福岡で理想の注文住宅を建てる!工務店ランキング
福岡で理想の注文住宅を建てる!工務店ランキング » 注文住宅を建てる際に知っておきたい基礎知識 » 狭い土地を有効活用する狭小住宅とは

公開日: |最終更新日時:

狭い土地を有効活用する狭小住宅とは

予算をはじめとして、どんなマイホームを建てることになるかを左右する要素はたくさんあります。その中でも、建物を建てる土地の広さはマイホームの規模に直接的な影響を与える要素となるのです。ここでは、狭小住宅に関するさまざまな情報を見ていきましょう。

狭小住宅とは

狭小住宅とは、簡単に言ってしまえば狭い土地に建てられた住まいのことです。ここで言うところの「狭い土地」には明確な定義はありません。昔は30坪より小さい土地に建てられた住まいを狭小住宅と呼んでいましたが、現代ではおおむね15坪以下の土地にある住まいを狭小住宅と呼んでいます。

狭小住宅のメリット

利便性の高い土地に建てられる

狭小住宅の大きなメリットと言えるのが、マイホームを利便性の高い土地に建てられることです。狭小住宅なら通勤・通学に便利な都心部にもマイホームを建てることができます。また、都心部なら交通の便も良いため、外出の際の移動時間も短くて済み、その分時間を有効に使うことができるのです。

維持費を抑えやすい

一般的に、住まいは規模が大きいほど維持費も大きくなります。そのため、狭小住宅には光熱費やメンテナンス費用といった住まいの維持費を抑えやすいというメリットもあるのです。さらに、家に関わる代表的な税金である固定資産税と都市計画税も、200㎡以下の小規模住宅用地に分類される狭小住宅であれば安く抑えることができます。

個性が反映されやすい

マイホームを建てるのなら、ほかにはない個性的な住まいにしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。普通の住まいだと、特殊な間取りにしたり凹凸の多い外装にしたりすると費用がかさんでしまいがちですが、狭小住宅なら土地の費用を抑えつつ個性的なデザインを目指すことができます。ワークスペースを備えたスキップフロアを設置する、階段下に収納スペースを設けるなどのこだわりがある人には、狭小住宅という選択肢があることを覚えておきましょう。

費用削減しやすい

狭小住宅は、さまざまな側面から費用の削減が可能です。まず、土地や建物にかかる税金である固定資産税と都市計画税は、狭小住宅なら抑えることができます。また、土地が狭ければ必然的に土地代も一般的な住宅よりも安くなるのです。

掃除時間短縮

住まいの規模は、掃除に擁する時間に直結します。広々とした家は居心地が良い反面、その居心地の良さを維持するための掃除にどうしても時間と手間がかかります。しかし、狭小住宅のような小さな住まいなら掃除の手間もそれほどかからないので、より簡単に清潔で居心地の良い環境を維持できるのです。

狭小住宅のデメリット

建築コストが割高になりやすい

狭小住宅は各種税金や維持費を安く抑えられる反面、建築コストが割高になりやすいというデメリットがあります。狭小住宅を建てる土地は多くの場合入り組んだ場所にあるので、建設の際には大型車両が入りにくく人出を多く割かなくてはいけないため、一般的な土地よりも人件費が多くかかるのです。また、狭いスペースに生活空間を確保するために2階建て以上になることが多いのも、建築コストが高くなりやすい原因です。

密集地になりがち

狭小住宅を建てる土地は、当然ながら住宅が密集している場所になります。そうした土地だと、他の家の影になって日当たりが悪かったり、周辺の家からの生活音が大きかったりして快適性が失われることがあるのです。ほかにも、エアコンの室外機を置くスペースが狭くなってしまうことで十分な冷暖房機能を発揮できなくなるといったデメリットもあります。

動線が不便になりやすい

狭小住宅は一般的な住宅に比べると生活スペースが限られているため、どうしても生活動線が不便になりやすい傾向にあります。狭小住宅はどうしても2階建て以上の建物になるため、洗濯や入浴といった日常生活の際に階段を上下しなくてはいけなくなるのでストレスが大きくなることもあります。また、バリアフリーの観点から言っても狭小住宅の「階段での移動が多くなる」という点は大きなデメリットとなります。

住宅ローンの対象外になることも

狭小住宅は税金などのコストを抑えることができる反面、住宅ローンの対象外となることがあります。人生の中でも特に大きな金額が必要となるマイホーム購入には、「住宅ローン控除」「住まい給付金」などの利用が有用です。しかし、これらの制度の利用には「延床面積50㎡以上」という制限があります。したがって、この条件を満たせない小さな土地に建てられる狭小住宅は住宅ローンの対象外となるので注意しましょう。

現金購入になることも

多くの場合、マイホームを購入する際には住宅ローンを利用することになるでしょう。しかし、狭小住宅の場合は現金購入になることがあるのです。前述の通り、狭小住宅は住宅ローンの条件を満たせないことがあります。そうなると必然的に費用は現金一括で支払わなくてはいけません。一応、住宅ローン以外のローンを組むという選択肢もありますが、あまり現実的ではないでしょう。

狭小住宅を建てる際のポイント

移動スぺ―スと収納スペースの兼用

狭小住宅を建てる際には、限られたスペースを有効活用することが大きな課題となります。そのためには、移動スペースと収納スペースの兼用を考えるのがいいでしょう。一般的な住宅では移動スペースとして配置されている廊下に本棚や収納スペースを同時に配置することによって、限られたスペースを有効活用しましょう。

採光・風通しを検討

狭小住宅は、庭がない、隣家との距離が狭いといった理由から採光や風通しのトラブルが発生することがあります。これを防ぐためには、住まいを建てるときに天窓や高窓といった採光や通風のための開口部を設置することを忘れないようにすることが大切です。

間仕切りを減らす

狭小住宅ではただでさえ生活空間が限られているのに、そこにさらに間仕切りを設置してしまうと閉塞感の強い間取りになってしまいます。そのため、狭小住宅の間取りを決める際には、できるだけ間仕切りのない間取りにすることが大切なのです。間仕切りを取り除くだけで、限られた空間も開放的に感じることができます。

ロフトや地下室なども検討

狭小住宅で快適に生活するためには、とにかくスペースを有効活用することが求められます。そのための選択肢のひとつとして、ロフトや地下室を検討してみるのも選択肢のひとつでしょう。特に、地下室は防音性が高いので、子供の遊び場にしたり楽器を演奏できる趣味の部屋にしたりといった活用法があります。

敷地に余裕を持たせる

自動車や自転車を持っている場合には、敷地にガレージを設置できるだけの余裕が必要になります。特に自動車の場合はギリギリのスペースだと車庫入れや発車の際に車を傷つけてしまう危険があるので、敷地に余裕を持たせることが大切です。

動線を工夫する

狭小住宅の典型的な失敗例として、家事動線の構築がうまくできていないケースが挙げられます。例えば、洗濯機は1階に置いているのに干すのは3階という配置にしていると、毎日洗濯物を干すのに2フロアを往復しなくてはいけなくなります。そうしたことがないように、建設前に家事動線を工夫して家事をこなしやすい導線を見つけておきましょう。

スキップフロアを活用する

スキップフロアとは、1つの階に複数の異なる高さを持つフロアが設置されている間取りのことです。スペースが限られている狭小住宅では、このスキップフロアを活用することで、縦方向に広がりのある空間を演出しつつ、ひとつのフロアの中に複数の階層を設置することで限られたスペースにさまざまな生活空間を共存させることができるようになるのです。

デッドスペースを活用する

デッドスペースの活用も、スペースの限られた狭小住宅における大切な課題となります。階段下などをはじめとするデッドスペースは狭小住宅においては無駄にしたくないもの。こうしたデッドスペースを収納スペースなどとして活用できるようになれば、生活空間を圧迫せずに収納スペースを確保できるようになるでしょう。

まとめ

狭小住宅は、一見狭い土地に建てられた家なので生活しづらいというイメージもあるもの。しかし、実際には工夫次第で住みやすい環境を整えることができるのです。

予算や土地の広さを抑えるため、または都心部の便利な立地に住まいを建てるための選択肢としての狭小住宅は、大いに検討する価値があるでしょう。

坪単価が安い福岡の工務店ランキング
吉源工務店

坪単価

29.9~39.8万円

福岡にある工務店を調査した中で、坪単価最安値(2021年5月時点)で完全自由設計の注文住宅が建てられます。耐久性・耐震性に優れた木材を使用し、高気密・高断熱の住宅を提供。

吉源工務店施工事例

引用元:吉源工務店 公式HP
(http://yoshimotokoumuten.com/case/こだわり空間の家)

施工事例を公式サイトで
もっと見る

昭和建設

坪単価

40.5万円~

40種類から選べる設計プランで、ライフスタイルに合わせて細かい要望にも幅広く対応します。制震ダンバーを採用し、耐震性能に優れた家作りが得意です。

昭和建設施工事例

引用元:昭和建設 公式HP
(http://www.showacr.co.jp/results/works/予算内で期待を超える家を目指して/)

施工事例を公式サイトで
もっと見る

健康住宅

坪単価

60.0万円~

無垢材と漆喰を使用した体に優しい家づくりを行なっている健康住宅。自然素材を使いながら高い断熱性を誇る性能面も魅力のひとつです。

健康住宅施工事例      

引用元:健康住宅 公式HP
https://www.kenkoh-jutaku.co.jp/works/2570.html

施工事例を公式サイトで
もっと見る

※一級建築士が在籍している且つ長期優良住宅に対応している工務店の中で、坪単価の安い順に掲載しています。(2021年5月時点の調査情報)
※坪単価は条件によって変わるため、詳細については各社へお問合せください。
※各社の坪単価は下記の情報を参照しています。
吉源工務店:吉源工務店公式サイト(http://yoshimotokoumuten.com/)
昭和建設:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_showacr/jitsurei/J11/)
健康住宅:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_084903/)

理想の注文住宅が建てられる! 福岡工務店
ランキング
理想の注文住宅が建てられる!福岡工務店ランキング