福岡の工務店で素晴らしい家づくりを達成するための指南!

福岡で理想の注文住宅を建てる!工務店ランキング
福岡で理想の注文住宅を建てる!工務店ランキング
福岡で理想の注文住宅を建てる!工務店ランキング » 注文住宅を建てる際に知っておきたい基礎知識 » 二世帯住宅とはどんな住宅?

公開日: |最終更新日時:

二世帯住宅とはどんな住宅?

二世帯住宅とは、親世帯と子世帯が一緒に生活するための住宅のことです。「高齢の親を一人にしておけない」「子どもの面倒を見てもらえるから助かる」など、様々な理由で二世帯住宅を検討する家庭があります。ここでは、二世帯住宅のメリット・デメリットに加えて、二世帯住宅で楽しく暮らすための間取りのポイントをまとめました。

3種類の二世帯住宅とそれぞれのメリット・デメリット

完全同居型の特徴とメリットデメリット

完全同居型の二世帯住宅は、一戸建ての家に二世帯が同居するスタイルです。玄関・キッチン・バスルームなど、設備のすべてを共有します。

完全同居型のメリットは、建築費用が安く済むことです。部屋の数が人数の分増えるだけで、水回りなどの設備は一般の戸建住宅と同じようにひとつでいいため、建てやすいでしょう。また、将来的に一世帯になった場合、建て替えることなくそのまま使えるのもメリットと言えます。

ただし、完全同居型の場合、プライバシーが確保できません。間取りによっては、同居家族にどこで何をしているかが丸わかりになるでしょう。相手の状況がよく分かるという点をメリットと感じるときに向いているスタイルです。

また、水道光熱費を世帯ごとに管理しづらいことも、家計の管理方法によってはデメリットになるかもしれません。

部分共用型の特徴とメリットデメリット

1階は親世帯、2階は子世帯など、階によって居住空間と水回りなどの設備を分け、玄関だけ共有するのが部分共有型の二世帯住宅です。空間分けをしているものの、玄関を一緒にすることで、ある程度行動が分かり、近い距離で暮らせます。完全に分離しているタイプの二世帯住宅と比較すれば、建築費が抑えられる点もメリットです。

一部を共有していることで、光熱費の管理を完全に分けるのは難しいでしょう。また、プライバシーも完全には確保できません。お互いに干渉しない部分を確保しながら、ゆるく同居世帯の存在を感じられるのが部分共有型の特徴です。完全に分離せず、完全に同居でもない距離感を望むときに向いているスタイルと言えます。

完全分離型の特徴とメリットデメリット

玄関も内部設備も、各世帯で分けるスタイルが完全分離型の二世帯住宅です。階層で分けるケースと棟で分けるケースがあります。

生活が完全に分離されるので、プライバシーを確保しやすいのが大きなメリット。プライバシーは守られますが、密接した家に家族が住んでいるため、安心感があります。水道光熱費も世帯ごとの把握が可能です。また、将来、一世帯になった場合、半分を賃貸として使うことも検討できます。プライバシーを重視しながら隣同士で住みたいときに向いているスタイルです。

ただし、完全に設備を分けるため、小規模なアパートを建てるようなもの。建築費用は他の二世帯住宅と比較して高くなります。

二世帯住宅を考えた時に気にしておくとよい間取りのポイント

二世帯住宅を建てる時は、間取りを作るときに考えるべきポイントが一世帯の一般的な住宅とは少し異なります。暮らし始めてから後悔しないように、二世帯住宅で特に気にしておくとよい間取りのポイントをまとめました。

プライバシーを気にする

2つの世帯が共同で生活するにあたって、プライバシーの確保は大きなポイントになるでしょう。活動の時間帯が異なれば、大きなストレスになり、生活のクオリティが下がってしまうことになりかねません。

上下に世帯分けするなら水回りの位置を揃えるなど、設備の位置や間取りを工夫すると、プライバシーが守られて互いが快適に暮らせる家になります。

バリアフリーを気にする

親世帯と一緒に暮らす場合、避けて通れないのが親の老後の生活です。親世帯の生活空間は、バリアフリーのデザインで構築しておくと、後でリフォームする必要もありません。

将来、介護が必要になる可能性も考慮して、設備や間取りを検討することをおすすめします。互いに長く安心して暮らせる家づくりをしましょう。

家事分担を気にする

二世帯住宅のタイプによって、共有すべき家事の範囲は異なります。共有部分が多いほど、清掃などの家事の分担を考えて間取りを決めることが大切です。協力しながら暮らしやすい間取りはどのような間取りか、よく話し合いながら作る必要があります。実際のライフスタイルをイメージしながら決めるといいでしょう。

住んだ時の経済的分担を気にする

二世帯住宅では、水道光熱費を世帯に分けて管理できないケースがあります。もし明確に分けたい場合、配管やメーターなどの設置を工夫しなければいけません。住宅を建てた後で配置するとなれば新たに工事が必要です。費用も高額になってしまいます。二世帯住宅を建てるときは、あらかじめ費用の負担を話し合って、それに合う設備を整えるようにしてください。

まとめ

二世帯住宅は、「プライバシーをどの程度確保するか」「光熱費の費用はどのように負担するか」「共用部の家事分担をどうするか」など、一世帯で暮らす家とは違う点を考慮しながら建てる必要があります。

住み始めてから失敗に気づくと、大きなストレスを抱えて生活することになりかねません。二世帯住宅の間取りをどうしたらいいか迷ったら、建築会社の担当者と相談しながら決めるといいでしょう。二世帯住宅の経験が多い建築会社なら、様々な事例からアドバイスをしてもらえます。

坪単価が安い福岡の工務店ランキング
吉源工務店

坪単価

29.9~39.8万円

福岡にある工務店を調査した中で、坪単価最安値(2021年5月時点)で完全自由設計の注文住宅が建てられます。耐久性・耐震性に優れた木材を使用し、高気密・高断熱の住宅を提供。

吉源工務店施工事例

引用元:吉源工務店 公式HP
(http://yoshimotokoumuten.com/case/こだわり空間の家)

施工事例を公式サイトで
もっと見る

昭和建設

坪単価

40.5万円~

40種類から選べる設計プランで、ライフスタイルに合わせて細かい要望にも幅広く対応します。制震ダンバーを採用し、耐震性能に優れた家作りが得意です。

昭和建設施工事例

引用元:昭和建設 公式HP
(http://www.showacr.co.jp/results/works/予算内で期待を超える家を目指して/)

施工事例を公式サイトで
もっと見る

健康住宅

坪単価

60.0万円~

無垢材と漆喰を使用した体に優しい家づくりを行なっている健康住宅。自然素材を使いながら高い断熱性を誇る性能面も魅力のひとつです。

健康住宅施工事例      

引用元:健康住宅 公式HP
https://www.kenkoh-jutaku.co.jp/works/2570.html

施工事例を公式サイトで
もっと見る

※一級建築士が在籍している且つ長期優良住宅に対応している工務店の中で、坪単価の安い順に掲載しています。(2021年5月時点の調査情報)
※坪単価は条件によって変わるため、詳細については各社へお問合せください。
※各社の坪単価は下記の情報を参照しています。
吉源工務店:吉源工務店公式サイト(http://yoshimotokoumuten.com/)
昭和建設:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_showacr/jitsurei/J11/)
健康住宅:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_084903/)

理想の注文住宅が建てられる! 福岡工務店
ランキング
理想の注文住宅が建てられる!福岡工務店ランキング