福岡の工務店で素晴らしい家づくりを達成するための指南!

福岡で理想の注文住宅を建てる!工務店ランキング
福岡で理想の注文住宅を建てる!工務店ランキング
福岡で理想の注文住宅を建てる!工務店ランキング » 家を建てる費用の話in福岡 » ローコストで二階建ての家を建てるには?

公開日: |最終更新日時:

ローコストで二階建ての家を建てるには?

二階建てには一階建てにはないメリットがたくさんあります。しかし、二階建て住宅を建てるとなるとそれなりのコストがかかるので、そこでためらってしまう人もいるでしょう。ここではそうした人のために、ローコストで二階建て住宅を建てるための方法を紹介していきます。

二階建て住宅とは?

二階建て住宅は、平屋の上に階段などでつながっているフロアがもう一つある住宅のことです。平屋と比べると限られた面積でより総容積の大きな住まいを建てられるので、建築面積を広げずにより大きな容積を確保したい人におすすめの住宅方式だと言えるでしょう。

二階建て住宅の種類

総二階建て

総二階建てとは、二階建て住宅の中でも一階と二階がほぼ同じ作りになっている住宅のことです。この形は、主に部分共有型の二世帯住宅やガレージハウスに用いられています。「広い建築面積を確保しにくいけれど床面積を増やしたい」といった場合に適した建築様式です。

部分二階建て

部分二階建てとは、二階部分が一階部分よりも小さい面積になっている作りの住宅のことです。一般的には、キッチンやリビングルームなどの主要な部屋を一階部分にまとめ、二階部分は寝室や子供部屋、プライベートルームなどに割り当てる形になります。部分二階建ての場合は、たくさんの部屋や設備を一階にまとめることになるので、必然的に一階部分の面積が広くなるのが特徴です。

二階建て住宅にはどんなメリットがある?

コスト節約につながる

二階建て住宅は、平屋建てに比べて材料を節約しやすいので、コスト節約が可能です。その構造上外壁に凹凸が少なくなります。特に総二階建てなら凹凸は限りなく少なくなるので、その分材料費をカットすることができるのです。

耐震性が高められる

二階建て住宅は耐震性の面でも優れています。総2階建てなら一階と二階の間取りや構造がほぼ同じなので上下の柱や壁の位置も必然的に同じになります。こうした構造の建物は丈夫なので、耐震性も高まるというわけです。

工期短縮につながる

二階建て住宅は外壁に凹凸がないため、工期を短縮することが可能です。凹凸が多くなることで工程が複雑になり、工期は長くなってしまいます。そのため二階建て住宅は工期を抑えることが可能となります。また工期が短くなることで費用も抑えることが可能なため、コストダウンにおいても大きなメリットがあると言えるでしょう。

断熱性・気密性のアップ

外壁の面積が小さいため、断熱性や気密性を踏まえた設計が容易です。外壁の面積が大きくなるほどに断熱性や気密性は弱くなってしまうため、シンプルな構造で断熱性や気密性アップに繋げることが可能です。

防犯強化が期待できる

一階建ての住宅と異なり、二階への侵入においては防犯性を高めることに繋がるでしょう。住宅が建っている場所を考慮して、防犯面強化という観点からも二階建て住宅は大きなメリットとなります。

住宅密集地など、防犯面に不安がある場合には二階建てを検討してみるのも良いでしょう。

二階建て住宅のデメリットはある?

デザインが単調になりがち

注文住宅になるとデザインも凝ったものにしたいですが、二階建て住宅は平屋建てに比べてどうしてもデザインが単調になりがちという弱点があります。シンプルなデザインよりも個性的なデザインを好む人には、二階建て住宅は向かない可能性があります。

土地選びが難しい

二階建て住宅は土地の面積を節約できる反面、今度は高さの問題が出てきます。道路斜線や北側斜線に関しては法的な規制が設けられているので、土地の面積を節約できると言っても無制限に土地を選べるわけではありません。場合によっては平屋建てのときよりも土地選びが難しくなることもあるでしょう。

使い勝手を考える必要がある

二階建て住宅は、使い勝手を丁寧に考えることが重要です。コストをダウンしようとすればなおさら住宅はシンプルな構造となり、デッドスペースが生まれやすくなります。また家族同士のプライバシーという観点からも、配慮するのが難しいと言えるでしょう。

誰にとって最も使いやすい構造にするのかによって、優先順位を置くべきポイントは異なります。その上で最も家族全員が使い勝手が良い構造を検討する必要があるでしょう。

二階建てでコストダウンさせるにはどうしたらいい?

吹き抜けを作る

総二階建てだと、必然的に外壁面が一階、二階ともにほぼ同じになるので、屋内中央に空間が生まれやすくなります。そのため、開いた中央部分を吹き抜けにするとその分コストを削減することができます。

収納スペースを確保する

家の中で保管する衣類をはじめとする荷物が多いと、必然的に間取りも大きく、細かくなり、コストが嵩んでしまいます。そのため、二階建て住宅を建てる際にはデッドスペースを活用するなどして、うまく収納スペースを確保するといいでしょう。

二階建て住宅に向いている人とは?

ローコストで住宅を建てたい人

二階建て住宅は平屋より高いと考えている方は多いのではないでしょうか。実際のところ、場合によっては平屋よりも安価で購入できる場合があります。住宅の構造をシンプルにすることができるため、

耐震性を重視したい人

二階建て住宅は、耐震面でも非常にメリットが多いです。全体が長方形や正方形の家になる二階建て住宅は、耐震性を維持しやすい構造と言えます。複雑な構造でないことが前提となりますが、耐震性を重視したい方にはオススメの構造です。

土地がある人

土地が広い場合には、二階建て住宅以外を検討するのも良いでしょう。ワンフロアで広い面積を維持する平屋や、庭を活かした複雑な形状などにすることも可能です。他のj旧宅と異なるような見た目、デザインにしたい場合には、二階建てにこだわらず住宅を決定するのがオススメです。

二階建て住宅が向いていない人は?

デザインにこだわって建てたい人

デザイン性を重視したい場合には、二階建て住宅は間取りにある程度制約が生まれてしまいます。そのため細かなデザインや外壁、階段などのデザインにもこだわりたい人には向きません。

持っている土地の形状が複雑な人

持っている土地が複雑な場合には、二階建てを検討する以前に土地を最も有効に活用できる構造を見つけるべきです。そもそも土地の形状が複雑な場合には、二階建てにしてしまうことでデッドスペースが生まれてしまう可能性が高いです。そのため、慎重に間取りを決定しましょう。

坪単価が安い福岡の工務店ランキング
吉源工務店

坪単価

29.9~39.8万円

福岡にある工務店を調査した中で、坪単価最安値(2021年5月時点)で完全自由設計の注文住宅が建てられます。耐久性・耐震性に優れた木材を使用し、高気密・高断熱の住宅を提供。

吉源工務店施工事例

引用元:吉源工務店 公式HP
(http://yoshimotokoumuten.com/case/こだわり空間の家)

施工事例を公式サイトで
もっと見る

昭和建設

坪単価

40.5万円~

40種類から選べる設計プランで、ライフスタイルに合わせて細かい要望にも幅広く対応します。制震ダンバーを採用し、耐震性能に優れた家作りが得意です。

昭和建設施工事例

引用元:昭和建設 公式HP
(http://www.showacr.co.jp/results/works/予算内で期待を超える家を目指して/)

施工事例を公式サイトで
もっと見る

健康住宅

坪単価

60.0万円~

無垢材と漆喰を使用した体に優しい家づくりを行なっている健康住宅。自然素材を使いながら高い断熱性を誇る性能面も魅力のひとつです。7つのパターンから選べる

健康住宅施工事例      

引用元:健康住宅 公式HP
https://www.kenkoh-jutaku.co.jp/works/2570.html

施工事例を公式サイトで
もっと見る

※一級建築士且つ長期優良住宅に対応している工務店の中で、坪単価の安い順に掲載しています。(2021年5月時点の調査情報)
※坪単価は条件によって変わるため、詳細については各社へお問合せください。
※各社の坪単価は下記の情報を参照しています。
吉源工務店:吉源工務店公式サイト(http://yoshimotokoumuten.com/)
昭和建設:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_showacr/jitsurei/J11/)
健康住宅:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_084903/)

理想の注文住宅が建てられる! 福岡工務店
ランキング
理想の注文住宅が建てられる!福岡工務店ランキング